芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

映画『チキチキバンバン』の研究

観る者の心に夢と感動を与えるミュージカル映画の傑作『チキチキバンバン Chitty chitty bang bang』。

この作品は「大人も子供も揃って楽しめる映画」として、賞賛の声には事欠きませんが、

なぜかそれ以上の突っ込んだ研究をする人はほとんどいないようです。

確かにこのお話は子供視点の楽しいもので、音楽もまた親しみ深いものですが、

はたしてそれだけで語り尽くされるべき作品なんでしょうか?

この映画は原作はイアン・フレミングで制作はアルバート・R・ブロッコリが務めています。

ということはつまり、かの007シリーズと同じ布陣なんですね!

現代最高の大人の御伽話のスタッフが手がけた映画がそんな単純なはずはありません。

『チキチキバンバン』に隠された秘密を少しずつ解き明かしていきましょう。

 ♪Chitty chitty bang bang Our fine four fendered friend♪

ポッツ城の制作【映画『チキチキバンバン』考察】

客観的には、大きいけれどボロッちい風車付きの古い家。 だけどジェレミーとジェマイマにとっては何百年も前にアルフレッド王が住んだ大宮殿。 ポッツさんの稚気で素晴らしい輝きにあふれてるポッツ一家のお家を作りましょう。 資料集め 今回もスチルは無い…

トゥルーリーの車(CUB1)の制作【映画『チキチキバンバン』考察】

資料集め まずはやっぱり資料集めから…。つっても今回のはスチルはゼロ、海外のサイトにも全くありません。 それでひたすら画撮に励みます。 プロジェクターの投影画撮で色はあせ気味ですが、形は解ります。 右ハンドルの2シーター、フェンダーカバーは直線…

バルガリア国チャイルドキャッチャー・キャンディワゴンの制作【映画『チキチキバンバン』考察】

制作のきっかけ 前ページの最後で書いたように、次はトゥルーリーの車、CUB1の制作に取りかかるつもりでした。ところがベースとなるT型フォード1/43のミニカーがNET上ですら、すぐには見つからないんですよ。 あの「デル・ブラド・カーコレクション…

バルガリア国ボンバースト男爵飛行船の制作【映画『チキチキバンバン』考察】

制作のきっかけ 1970年代の終わり頃、高校生だった私は学校帰りに立ち寄った老舗デパートのミニカー売場でコーギーのチキチキバンバンを見つけました。子供の頃に売ってるのを見て以来、久しぶりの対面だったので、「まだ売ってたんだ」とすっかりうれしくな…

コーギーのチキチキバンバンについて【映画『チキチキバンバン』考察】

観る者の心に夢と感動を与えてくれるミュージカル映画の傑作『チキチキバンバン』にはその音楽と同じく魅力あふれる造形物が多数出てきますが、主役のチキ号を除いてはなぜか商品化に恵まれていません。 007シリーズのスタッフが手がけたこの作品は、プロ…

『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』と映画『チキチキバンバン』の関係【映画『チキチキバンバン』考察】

映画『チキチキバンバン』の中の夢の冒険の舞台、そうあのバルガリアのオカシな風物は一体どこからきたのか、2つのアリスストーリーから、その影響を探ってみましょう。 名前からしてふざけている悪漢の国バルガリア。その独裁者ボンバースト男爵と取り巻き…

イアン・フレミング作『チキチキバンバン-まほうのくるま-』(冨山房刊)と映画『チキチキバンバン』の関係【映画『チキチキバンバン』考察】

映画『チキチキバンバン』はオリジナル脚本ではなく、イアン・フレミングの原作が存在します。 その原作を読むことで『チキチキバンバン』の原像を探り、さらにそれがどういう過程を経て、映画の脚本で描かれた世界へと変貌していったのかを、影響が強いと思…

ロアルド・ダール作『チョコレート工場の秘密』と映画『チキチキバンバン』の関係【映画『チキチキバンバン』考察】

『チキチキバンバン』の原作を分析して解ったのは、「ジェイムズ・ボンド」ファミリーの痛快冒険物語といった感じで、チキの存在以外は極めて現実的な展開のこのお話が、どうして映画では夢あふれるファンタジーとなったかを知るためには、やはり脚本家のロ…

美術・衣装・風俗から解るもの【映画『チキチキバンバン』考察】

映画を創り上げている要素はいろいろありますが、現代劇でない作品の場合、その衣装や美術といった風俗も作品の構成に大きく関わってきます。 ここでは衣装部屋や美術倉庫を掘り下げるように、『チキチキバンバン』の風俗を分析していきます。 (1)トゥル…

近代発明家列伝【映画『チキチキバンバン』考察】

『チキチキバンバン』の舞台となっている20世紀初頭は、まさに近代科学機械文明の萌芽と呼べる時代。 このコーナーではその科学機械文明を創り上げた歴史上の偉人たちの生涯を、挿入歌「栄光のバラに」の歌詞(巻末に掲載)や劇中のセリフに準拠しながら紹介…

キャラクターファイル A to Z【映画『チキチキバンバン』考察】

コギンス氏を徹底分析 のちにチキ号になるゼッケン「3」のレースカーをポッツ氏に売ったコギンスを演じたデズモンド・リューウェリンは、映画『007』シリーズの特種装備課課長“Q”役で知られる英国出身のベテラン俳優です。 冒頭に数カット登場するだけの脇役…

数字・経済から見るチキチキバンバン【映画『チキチキバンバン』考察】

『チキチキバンバン』の劇中で語られる経済や数字について考証を試みます。 はたしてポッツ家とスクランプシャス家の経済状態やいかに? 1920年における30シリングの価値とは チキチキ号のベースとなったゼッケン「3」レースカーは、 村のスクラップ屋、コギ…

チキ号やポッツさんの発明品について検証【映画『チキチキバンバン』考察】

チキ号やポッツさんの発明品のメカニズムに科学的メスを入れていきます。 果たしてあの珍発明の数々には科学的合理性は貫かれているんでしょうか? チキチキバンバンの飛行の可能性を探る みなさん不思議に思いませんか? チキ号って本当に飛べるんでしょう…

チキ号は何台あるのか?【映画『チキチキバンバン』考察】

寓意だけでなく、この映画にちりばめられた各種データも着目すべきものです。荒唐無稽な御伽話のようでありながら、意外なほど「正確」なデータによってこの作品は成り立っているのです。 『チキチキバンバン』の映像世界に実にさりげなく出てくる様々な科学…

映画史的に見る『チキチキバンバン』の意義とは:概要・あらすじ・キャストなどを紹介

この章では『チキチキバンバン』について詳しくない方のための基本的知識を凝縮して紹介。 映画を御覧になってない方や昔に観て忘れちゃった方は、ここを読んでから他の記事へお進み下さい。 夕陽が沈むあの丘に、光きらめくあの海に、スリルにみちた冒険の…

なぜラストシーンのチキには翼が無いのか?長文で考察【映画『チキチキバンバン』】

研究1.映画の深層に隠されたもの 2時間26分にも渡って繰り広げられる楽しさいっぱいの『チキチキバンバン』。しかしその楽しさの奥にはよくよく考えると深い寓話が隠されています。その秘められたお話を読み解いて行きましょう。 「なぜラストシーンのチキ…