芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

歌劇≪魔弾の射手≫第3幕 より『狩人の合唱』歌詞と解説(作曲:カール・マリア・フォン・ウェーバー)

黄金(こがね) まばゆき 鞍置きわたし
駒のひずめの音高し
魂込めし 業物(わざもの)にない
幾年(いくとせ)共に鍛えたる

腕の力競いてみん
いざや友よ 連れだちて
空は緑 気は澄みて
獲物は山に 野に満てり
ララララ・・・

 Carl Maria von Weber  

Chor der Jäger : Was gleicht wohl auf Erden dem Jägervergnügen?
 aus 《Der Freischütz》

 

 

第3幕 第6場 第15番 狩人の合唱 :この世で狩ほどの楽しみがあろうか

 

ヴァス グライヒト ヴォール アウフ エーアデン デム イエーガーフェアグニューゲン
Was gleicht wohl auf Erden dem Jägervergnügen?
ヴェーム シュプルーデルト デア ベッヒャー デス レーベンス ゾー ライヒ
Wem sprudelt der Becher des Lebens so reich?
バイム クランゲ  デア ヘルナー イム グリューネン ツー リーゲン
Beim Klange der Hörner im Grünen zu liegen,
デン ヒルシュ ツー フェアフォルゲン ドゥルヒ ディッキヒト ウント タイヒ
den Hirsch zu verfolgen durch Dickicht und Teich,
 
イスト フュルストリッヒェ フロイデ イスト メンリッヒ  フェアランゲン
ist fürstliche Freude, ist männlich Verlangen,
エアシュタルケット ディ グリーダー ウント ヴュルツェット ダス マール
erstarket die Glieder und würzet das Mahl.
ヴェン ヴェルダー ウント フェルゼン ウンス ハッレント ウムファンゲン
Wenn Wälder und Felsen uns hallend umfangen,
テーント フライアー ウント フロイドゥガー デア フォッレ ポカール
tönt freier und freud'ger der volle Pokal!
ヨー ホー トラ ラ ラ ラ ラ  ラ ラ ラ ラ ラ ラ
Jo, ho! Tralalalala! lalalalalala...
 
ディアーナ イスト クンディッヒ ディ ナハト ツー エアヘッレン
Diana ist kundig, die Nacht zu erhellen,
ヴィー ラーベント アム ターゲ イーア ドゥンケル ウンス キュールト
wie labend am Tage ihr Dunkel uns kühlt.
デン ブルーテイゲン ヴォルフ ウント デン エーバー ツー フェッレン
Den blutigen Wolf und den Eber zu fällen,
デア ギーリッヒ デイ グリューネンデン ザーテン ドゥルヒヴュールト
der gierig die grünenden Saaten durchwühlt,
 
ist fürstliche Freude,...

 

《直訳》

この世で かりゅうどの楽しみに匹敵するものは何か?(狩人の楽しみと比べられるものはこの世にはない)
生命の杯は豊かに誰にあわだつのか(狩人にこそ生命の杯はあわだちあふれる)
角笛の響きを聞いて緑に身を横たえ
藪を抜け 池をこえて 鹿を追うのは
王者の喜び 男子のあこがれ

四肢を強くし 食事に薬味をきかせてくれる
森や岩山がこだましながら我らを取り巻くとき
より自由に より喜ばしげに なみなみと注がれた高脚杯は鳴り響く
ヨーホー トラララララ!

狩猟(月、森)の女神ディアナは夜の闇を明るくする術を知り
昼間でも彼女のかげは涼しく さわやかだ
血生臭いおおかみや
強欲に緑の田畑を掘り荒らす いのししをたおすこと
これぞ王者の喜び 男子のあこがれ

手足は鍛えられ 食事はうまい
森や岩山が響きつつ我らを迎えるとき
なみなみと注がれた酒杯はいっそう自由に 喜びて高鳴る
ヨーホー トラララララ!

 

<日本語歌詞>

 

  山番たちの合唱

 

何にたとえん 狩の喜び
いのちのさかずき たがため
緑の野にふし 鹿をおいかけ
やぶをぬけでて いのししを蹴散らす

※ この喜びを何にたとえん
   足もじょうぶに 胃もじょうぶに
   森と岩がこだますれば
   うれしく高鳴る馬上杯
   ヨホ トラララララ ララララララ・・・

ディアナの神は 夜を照らす
昼もそのかげはすずしい
血にうえてる狼どもや
草くいちらすいのししを蹴散らす

※ くりかえし

 

 

  かりうどの合唱

 

何に比べん 猟(かり)の楽しさ
限りなき その喜び
角笛の合図のままに
野山を越え 獲物追う

※ 男らしき この楽しみ
   からだもいと健(すこ)やかに
   木魂ひびく森の中に
   高鳴る酒杯(さかづき)の音
   ヨホ トラララララ ララララララ・・・

猟(かり)の神は夜を照らし
昼はすずしく蔭(かげ)らす
荒き獣のあと追いて
襲いかかる 勇ましさ

※ くりかえし

 

解説

1810年、ウェーバーがノイエンブルク城で発見した、ヨーハン・アウグスト・アーペルとフリードリヒ・ラウンが編集した 一冊のドイツの古い民話、伝説集、「幽霊話」 のなかに1730年ライプツィヒで出版された 《アンドレニオとプノイマトフィロの間の霊界に関する毎月の説話集》 を原本とした、 アーペルが 語り手の 《魔弾の射手》 伝説が含まれていました。

その話では、アガーテにあたる花嫁ケートヒェンは魔弾に撃たれて死に、彼女の両親も後を追うように亡くなり、射手であるヴィルヘルムは狂人の館で一生を終えたという 悲劇的な結末になっていますが、オペラは最後にどんでん返しがあり、救いをもたらしています。

台本作者のキントは他の物語をからませて台本を書き、1817年3月1日に出来上がったタイトルは 「試験射撃」 でしたが、 後に 「猟人の花嫁」 となり、さらに現在のタイトルになりました。

1821年6月18日にベルリンの王立劇場で作曲者本人が指揮した初演は、雷鳴のような拍手と歓声に迎えられ、かつてないほどの大成功をおさめました。

30年戦争直後の迷信のまかりとおった時代、ドイツの森を舞台にしたボヘミアの狩人たちの生活を描いているこのオペラは、 厳密にいえば、<魔笛>、<フィデリオ> と同じく、歌芝居(ジングシュピール)のかたちをとっています。

モーツァルトの 「魔笛」 によって発展の土台が築かれたドイツ・オペラはベートーヴェンの 「フィデリオ」 を経て、 この作品によって、真のドイツ・ロマン派の国民主義的な様式を確立しました。

ドイツの民話に基づき、ドイツ民謡風の音楽を生かした作風は以後誕生するドイツ・ロマン派オペラの幕開けとなり、ドイツ国民歌劇中の最高傑作ともいわれています。

 

 「魔弾の射手」 のあらすじ

第1幕 ERSTER AUFZUG

30年戦争直後のボヘミア地方の森。酒場の前の広場。的を立てた柱があり、人々が群がっている。
射撃大会をまえに、名射手とうたわれるマックスは失敗ばかりし、百姓のキリアンにも負けてしまう。
しきたりにより、明日のオットカール侯爵の御前でひらかれる射撃試験に優勝しないと、マックスは森林保護官のクーノーの娘アガーテと結婚できず、森林保護官にもなれない。
不安におちいるマックスに猟師仲間のカスパールは魔法の弾のことを教え、自らの魔弾をこめた銃で、マックスに空遠く飛ぶ鳥を撃ち落とさせる。
最初はこばんだものの、明日どうしても負けるわけにはいかないマックスはおおかみ谷で魔法の弾を手に入れることを決める。

 

第2幕 ZWEITER AUFZUG

森の館。森林保護官の娘であり、マックスの恋人アガーテも気が沈んでいる。
壁にかけてあった先祖の肖像画が落ちて、額を傷つけたことにいっそう不安をつのらせるアガーテは、いとこのエンヒェンに 隠者のところへいったとき、何かわからない危険がせまっているから注意しなさいと、清浄な白バラを贈ってくれたことを話す。
やがてマックスがやってくる。
髪の毛に血がついているアガーテに何が起きたのか聞いたマックスは、ちょうどそのときにカスパールの魔法の弾で、 やまわしを撃ち落としたことに気づき、不思議だとひとりごとをもらす。
これからおおかみ谷に行くというマックスをアガーテはひきとめるが、彼は振り切って出て行く。
一足早くおおかみ谷へきたカスパールは悪魔ザミエルを呼び出し、マックスを犠牲に明日にせまる自分の命の期限をのばすよう頼む。
7つの魔法の弾のうち、6つは自分の思い通りに当たるが、最後の第7の弾は悪魔ザミエルのもので、悪魔の思い通りのものに当たってしまう。
カスパールはかつてアガーテに愛を拒絶され、その意趣ばらしとして魔弾の射手となったが、3年以内に身代わりを探してこなければ悪魔に魂を渡さねばならない。
期限が明朝とせまったカスパールはマックスを身代わりにしようと企んでおり、ザミエルのものである第7の魔弾を花嫁のアガーテに向ければ、 マックスと花嫁の父クーノーは絶望し、悪魔に捧げる3人の犠牲になるだろうという。
ザミエルは明日はカスパールかマックスの命を得ることで了承する。
マックスがやってくると地中から小さな炉が現れ、様々な怪異現象のなか、カスパールは魔弾を7つつくる。

 

第3幕 DRITTER AUFZUG

射撃試験の当日、白い花嫁衣裳を着ているアガーテはふさぎこんでいる。
しっかりとめたはずの先祖の肖像画が壁から落ち、エンヒェンが転んだと聞いて、恐ろしい予感を覚えるアガーテ。
さらに結婚の花冠が入っているはずの箱を開けると、そこには葬式に使う銀の冠が入っており、人々も青ざめる。
驚いたアガーテだが、隠者が以前、白いバラを渡したときに、これで花嫁の冠を編みなさいとおごそかに言われたことを思い出すと、 エンヒェンがすぐさまそのバラを取り、花冠のかたちに編む。
射撃試験の直前にカスパールはわざと魔弾を使い、マックスが射撃試験で最後の魔弾を撃つよう仕向ける。
オットカール侯爵がだした射撃試験の課題は、枝の上にいる白い鳩を撃つこと。
最後の魔弾をこめたマックスが狙いを定め、引き金を引こうとした瞬間、アガーテが白い鳩の止まっていた木の間から出てきて、「撃たないで! 鳩は私です」 と叫ぶ。
しかし第7の魔弾は放たれ、鳩は飛んでいってしまい、アガーテとカスパールがともに地面に倒れる。
周囲はざわめくが、アガーテは隠者がくれたバラによって護られ、気を失っただけで、弾が当たったのはカスパールだった。
カスパールの背後にザミエルが現れる。悪魔に気づいたカスパールが天を呪って死ぬとザミエルも姿を消す。
侯爵の問いにマックスは魔弾のことを話し、追放されかけるが、隠者が現れ、しきたりに盲目的に従ったことが過ちを招いたとして、侯爵に以後、試射をやめるよう言い、
マックスには1年の猶予を与えて、この1年行いが正しければアガーテとの結婚を認めるようとりなす。
侯爵は隠者の言葉に従い、一同喜びに包まれる。