芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

『死と乙女』歌詞と解説(作曲:フランツ・ペーター・シューベルト)

Franz Peter Schubert
Der Tod und das Mädchen Op.7-3  D.531

Matthias Claudius, 1740-1815
マティアス・クラウディウス 作詞

1817年、バスかアルトのための作品として、1821年に出版されました。
少女と死神の対話の形で書かれたわずか8行の詩を歌詞としています。
前半は不安におののく少女の心を、後半はやさしい死の誘いを描き、死は恐ろしいものではなく、安らかな憩いに導くものとしてとらえています。
ハンガリーの貴族でシューベルト歌曲の詩人でもあるルイ・セーチェニ伯爵に献呈されました。
1824年に作られた弦楽四重奏曲ニ短調、第二楽章の変奏曲のテーマにこの曲の主題(伴奏部分)が用いられています。

 

 <ドイツ語歌詞>   <日本語歌詞>
(Das Mädchen)   (乙女)
Vorüber! ach, vorüber!   去りね とくとく
geh, wilder Knochenmann!   黄泉の神よ
Ich bin noch jung, geh, Lieber!   乙女のわれを
und rühre mich nicht an,   ゆるしたまえ
und rühre mich nicht an.   ゆるしたまえ

(Der Tod)

  (死)
Gib deine Hand, du schön und zart Gebild!   とくこよ きよき乙女
bin Freund und komme nicht zu strafen.   われは汝(な)がよき友
Sei gutes Muts! ich bin nicht wild,   こころをしずめて
sollst sanft in meinen Armen schlafen!   わが腕にねむれや

 

《直訳》

(乙女)
ああ あっちへ あっちへ行って
野蛮な死神よ
わたしはまだ若いのよ だからおまえは行って
わたしに触れないで!

(死)
美しく繊細な創造物であるおまえよ 手をお出し
わたしはおまえの友だちであって 罰するために来たのではない
機嫌をお直し! わたしは乱暴ではない
わたしの腕のなかで穏やかにねむりなさい