芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

12の練習曲作品10-3より『別れの曲』歌詞と解説(作曲:フレデリック・フランソワ・ショパン)

Frédéric François Chopin  “Chanson de l'adieu”
ポーランド名:Fryderyk Franciszek Szopen (フリデリク・フランチシェク・ショペン)

歌詞

春の日 そよ風
花散る みどりの丘
梢を 楽しくわたる鳥の
かげよ いずこ

野路(のじ)には 木枯らし
別れの 雲は暗く
過ぎし日 心にいだきて
はるばる 寂しく
越え行く 山や川

せめても われとあれ
忘れじの わが歌

解説

ピアノの詩人といわれる、ショパンが22歳のときに作曲した 「12の練習曲 op.10」 のなかの第3曲の一部に歌詞をつけたもの。

ピアノの練習曲のため、標題に 『別れの曲』 とはついていませんでしたが、1934年の ショパンの伝記映画 「別れの曲」 のなかで使われたことによって広く親しまれ、このタイトルが定着しました。