芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

作品7『3つの歌』より第1曲『夢のあとに(夢さめて)』歌詞と解説(作曲:ガブリエル・ユルバン・フォーレ)

 Gabriel Urbain Fauré  1845-1924 Op.7 No.1  「Après un rêve」

1878年頃作。1879年1月11日初演。
詩人不詳。トスカーナ語の詩に基づく。ロマン・ビュッシーヌ(Romain Bussine 1830-99)編

ドビュッシーやラヴェルなどと並ぶフランス近代の代表的な作曲家フォーレは、生涯に100曲あまりの歌曲を書きました。
《3つの歌》 は、ほかに第2曲『讃歌』(Hymne)と、第3曲『舟歌』(Barcarolle)からなっていますが、
この《夢のあとに》はもっとも広く人々に知られ、彼の代表作となっています。
3連符があり、器楽的な演奏が要求されることから、詩にあわせて作った旋律ではなく、
のちにトスカーナ地方の古い詩の翻案(ビュッシーヌによる仏訳)が加えられたものと考えられています。
もともと歌曲でしたが、幻想的で美しいメロディゆえにヴァイオリンやフルート、チェロでも演奏されるようになりました。
特にチェロの編曲は有名で、現在はチェロのための曲と思っている方も多いようです。

 

 <ビュッシーヌ編>  <あるトスカーナの詩>
ダンザン    ソメイュ   ク  シャルメ   トンニマージュ
Dans un sommeil que charmait ton image
Levati sol che la luna' elevata
ジュ レヴェ ル ボヌール   アルダン ミラージュ
Je rêvais le bonheur, ardent mirage,
Leva dagli occhi miei tanto dormire,
テ  ズィユ  ゼテ   プリュ ドゥ   タ ヴォワ ピューレ ソノール
Tes yeux étaient plus doux, ta voix pure et sonore,
Il traditor del sonno m'ha ingan nata,
テュ レイヨネ     コマン     スィエレクレレ パル ロロール
Tu rayonnais comme un ciel éclairé par l'aurore;
Il bello amante m'ha fatto sparire,

テュ  マプレ    ゼ ジュ キテ   ラ テール
Tu m'appelais et je quittais la terre
Se lo ritrovo quell' amor giocondo
プル マンフュイー ラヴェック トワ ヴェル ラ リュミエール
Pour m'enfuir avec toi vers la lumière,
Io mai più mi farò tradir del sonno,
レ   スィユ  プル ヌ    ザントルヴレ     ルール ニュウ
Les cieux pour nous entr'ouvraient leurs nues,
Se loritrovo quell' amor gentile,
スプランドゥール ザンコニュウ   リュウール ディヴィヌ ザントルヴュウ
Splendeurs inconnues, lueurs divines entrevues
mai più dal sonno, mi farò tradire

エラース エラース トリストゥ レヴェイュ デ ソーンジュ
Hélas! Hélas, triste réveil des songes,
Se lo ritrovo quell' amor giocondo,
ジュ タペル   オ ニュイ  ラン  モワ  テ  マンソーンジュ
Je t'appelle, ô nuit, rends-moi tes mensonges,
Se lo ritrovo quell' amor gentile,
ルヴィヤン  ルヴィヤン ラディユーズ
Reviens, reviens, radieuse,
Mai più mai più dal sonno dal sonno
ルヴィヤン オ ニュイ ミステリユーズ
Reviens, ô nuit mystérieuse!
mi faró tradire!

 

直訳

君の姿のおとずれし楽しき眠りの中で
わたしは幸福を夢見ていた 燃える蜃気楼のように
君のひとみは柔らかく 君の声はさやけく
曙の映ゆる空のごとく 君は輝いていた
君はわたしに呼びかけ わたしは地上を去って
光に向かい 君とともに逃れゆく
空は二人のために雲のとばりを開き
見知らぬ麗しき眺め 神々しい光を垣間見させる

あわれ あわれ 悲しき夢のめざめよ
わたしは君によびかける おお夜よ おまえの幻影を返しておくれ
帰っておいで 輝いて帰っておいで
帰っておいで おお 神秘な夜よ!