芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

『禁じられた遊び(愛のロマンス)』歌詞と解説(スペイン民謡 より)

歌詞

  禁じられた遊び


川のそばに今日も立てば
青い空がほほえんでる
青い空は過ぎた日々を
みんな知ってる

川のそばを通る風は
水の声をはこんでくる
水の声は帰らぬ日を
耳にささやく

あれは過ぎた幼い日よ
ふたりだけで遊んだ日よ
水車だけがまわりながら
それを見ていた

水は雲のように流れ
時は影のようにうつり
思い出だけ今も深く
胸にとどまる
 

 

愛のロマンス


春はめぐり 花はひらき
鳥はうたう 旅の空を
雲のごとく さすらいゆく
哀れ おさな子

楽しかりし あの日のこと
優しかりし 母のひとみ
今はとおく すべて去りぬ
夢の浮雲

十字架立てて 花をかざり
二人きりで 遊んだ日の
忘れられぬ あの想い出
胸にひそめて

春はめぐり 花はひらき
鳥はうたう 旅の空を
雲のごとく さすらいゆく
哀れ おさな子

 

解説

ギターの分散和音に彩られた、哀愁漂う曲です。
1952年のフランス映画「禁じられた遊び」のテーマ曲として使われ、一躍有名になりました。
もととなったスペインのギター曲 「愛のロマンス」 または 「ロマンセ・アノニモ(読み人知らずのロマンセ)」 は、 作者不詳の古謡でした。
ロマンセ romance とは、文字の読めない農民や牧夫たちの口から口へと語り伝えられてきた素朴な民間伝承歌謡のことです。
一説では19世紀後半に活躍したスペイン生まれのギタリスト、アントニオ・ルビラが作曲した ギター曲、「アルペジオの練習曲」が原曲ではないかといわれています。
ギター曲のため歌詞はありませんでしたが、あまりにも美しいメロディに、 欧米でも日本でも歌詞をつけて親しまれています。