芸能の雑学・豆知識

テレビ・映画や、音楽、舞台・劇場、芸能人についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

亀石征一郎の経歴を紹介

生い立ち

 生年月日:1938年11月30日

本名は同じ、東京都港区大森の出身で、明治生まれの両親を持った一男一女の長男として生まれた。亀石征一郎は長男だったため、異常に息子に対して期待をし、中学、高校と東京高輪の増上寺にあった芝学園に入学した。中学時代は真面目な学生だったが、高校になると受験勉強がバカバカしくなり、クラブは弁論部に入り学校に反抗しだした。高校3年の秋になると劇団文学座に通うようになった。その後、1959年に東映第6期ニューフェイスに合格した。同期には千葉真一がいる。

東映時代

東映に入社した亀石征一郎は養成期間を経て、「おれたちの真昼」(1960)でデビューした。その後、「俺らは空の用心棒」(1961)、「霧と影」(1962)、「警察物語」シリーズなどの脇役、準主役で活躍した。1962年に東映の専属を離れた。

その他にも「ヘッドライト」で中山昭二と共演し、その後も中山と「特別機動捜査隊」で刑事の上司と部下として、「実写版あしたのジョー」でも共演した。

東映以後

1962年に亀石征一郎は東映の専属を離れ、しばらくして松竹芸能に所属する。そのとき「飢餓海峡」、「天狗党」などの映画に出演した。他にテレビの「空手三四郎」に主演し、これがきっかけで空手をやるようになり、空手2段の腕前になった。

1968年に新国劇とフジテレビの提携がきっかけで、新国劇の舞台にも顔を出すようになる。1970年「舞台のあしたのジョー」が始まると、その力石徹役で出演し、「実写版あしたのジョー」でも同じ役を演じた。ボクシングを実際に行うのもこれがきっかけだが。

その後は「シルバー仮面」(1972)に出演し、この後、「水戸黄門」、「必殺シリーズ」などの時代劇で多くの悪役を演じている。千葉真一とは東映同期の間柄で、千葉が主宰するJACの重役だったこともある。

子供は男3人、女1人に恵まれた。

2005年には、小説『フライング・タワー』を発表し、映画化も決まっている。