キャンディーズの解散宣言〜「普通の女の子に戻りたい」という発言はいかなる状況でなされたか〜

経過

それは1977年7月17日、「サマージャック’77」と銘打たれたその年の夏のツアーの初日であった。場所は日比谷野外音楽堂。

いつものように始まり、いつものように進行し、いつものような熱気の中で終わるかに思えたこの日のコンサート。しかしアンコールの1曲を残し、ステージ上に棒立ちになっている3人がいた。何かが変だ。

ランが泣いている。「みなさん・・・・・」と言ったきり、何かに耐えているようだったが、たまりかねたように右隣りのミキを見る。次の瞬間、両側にいたスーとミキが駆け寄り、3人抱き合って号泣。わけもわからず声援を送り続けるファン。

何度も口元にマイクを持っていくがなかなか言葉が出ないラン。しかしやがて、

(ラン)「私たち・・・・みなさんに謝らなければならないことがあります・・・」

(ミキ、スー)「ごめんなさい!」

(ラン)「私たち・・・今度の・・・9月で・・・解散します!」
客席から悲鳴が上がる。舞台の上で土下座する3人。

(スー)「私たち、デビューの時から3年間はがむしゃらにやります・・・やろうって決めてました。でもこんなにたくさんのみなさんが応援してくれたし、スタッフのみなさん、渡辺プロのみなさん、CBSソニーのみなさん、MMPのみなさん、そしてにこんなにたくさんのみなさんが盛り上げてくださって、私たちはもう1年間頑張ろうって、やってきました・・・」

(ミキ)「みなさん。本当にこんなにたくさんのみなさんが応援してくれてるのに・・・本当に・・・本当に悪いことだと思います。でも・・・でも1人1人旅立ちたいんです!(この辺りでMMPが演奏を始める)みなさん私たちの気持ち、わかってください」

(ラン、スー)「ごめんなさい」「許してください!」

(ラン)「これからは、みなさんの目には触れないところで、1人1人孤独と戦いながら生きていきたいんです。普通の女の子に戻りたい!!」

(ミキ)「ごめんなさい!」

(スー)「許してください」

このあとステージに崩れ落ちるように倒れこんだ3人。動けなくなった彼女たちをスタッフ達が抱きかかえるようにして楽屋に連れ戻り、そのままコンサートは終演となった。

※以上、聞き取れない等で若干省略箇所はありますがほぼ忠実に再現してみたつもりです

青天の霹靂

まさに前代未聞の出来事でした。人気絶頂のアイドルがステージ上から直接ファンに解散を宣言するなんて!
そしてこれはスタッフや一緒に舞台に立っていたバンドの人達も知らないことでした。すべて3人だけで考え、決断したこと・・・。

この時、客席後方でライブを見ていたプロデューサーの松崎氏は、慌ててステージに戻り、舞台袖からMMPに対し、何でもいいから音を出すように指示を出します。キャンディーズの声をかき消そうとしての指示でしたが時すでに遅し。

3人の言葉にもあるように、かなり前から解散のことは決めていたようです。そして、それを隠してライブを続けることは、ファンに対する裏切りではないかという思いが強くあったと、のちにランちゃんは語っています。また当時は今と違い、アイドルが自分の意見を主張するのがとても難しい時代。事務所に相談しても反対されるに決まっています。ならば非常手段として直接ファンに訴えようということだったのかもしれません。

突然の宣言にスタッフも狼狽しましたが、会場にいたファンの人達にはまさに「青天の霹靂」だったはずです。終演後、日比谷公園には家にも帰らず泣いているファンが多数いたといいます。

その後、事務所との話し合いの結果、翌年3月まで活動を続けることで合意。この日から引退に向けてキャンディーズとスタッフ、ファンとが一体となった、歌謡史に残る一大ムーブメントが動き出すことになるのです。

感想

この解散宣言を具体的にどんな形で当時のおいらが聞いたのかは覚えていません。おそらくニュースかワイドショーで知ったのだと思います。ただ、かなりびっくりしたのは覚えています。「なんで??」って思いますよね、やっぱり。当然かなり騒がれました。学校でも話題になりました。

「引退」はともかく「解散」はグループ、特に女性アイドルには避けて通れない道です。ただ、その時期を「いつ」「誰が」決めるのかは様々です。不本意ながら解散せざるを得なかったグループだってたくさんいたはずです。

ランちゃんはのちに「キャンディーズだけで青春を終わらせたくなかった」といっていました。もしタレントの扱いが柔軟になった現代だったら、「解散」という方法を採らなくても個々を活かせる活動も並行して出来たはずです。単なるアイドルではなく、アーティストとしてまだまだ伸びるグループだっただけに残念でした。