『パリよ、永遠に』解説とあらすじ

ボクシングに例えるとヘビー級。その割に両者の動きは軽快。ジャブの応酬があるかと思えば、鋭いパンチを繰り出す。フェイントは自由自在、お互いのリングでのかけひきは一流。どちらが勝つか、目が離せない。映画「パリよ、永遠に」(東京テアトル配給)は、見応えのあるボクシングの試合のよう。

1944年8月のパリ。第2次世界大戦の末期である。パリはいまなお、ドイツが占領しているが、連合軍が防衛線を突破し、レジスタンスの活躍で、ドイツの敗戦が濃くなる。連合軍にベルリンを破壊されたヒトラーは、占領したパリの防衛司令官に、ディートリッヒ・フォン・コルティッツ将軍を任命し、パリの破壊を命じる。

市内のほとんどすべての橋、エッフェル塔、ノートルダム寺院、ルーブル美術館、オペラ座などに、すでに爆弾が仕掛けられている。実行すれば、パリは壊滅する。コルティッツ将軍は、いまさらパリを破壊しても、戦略上の意味はないことを理解している。しかし、コルティッツ将軍には、ヒトラーの命令に従わなければならない大きな理由がある。そこに、パリで生まれパリで育った、中立国スウェーデンの総領事、ノルドリンクが現れる。ノルドリンクは、コルティッツ将軍の駐留しているホテルに忍び入り、将軍にパリ破壊を止めるよう、交渉する。

そう、これは、ルネ・クレマン監督が1966年に撮った「パリは燃えているか」の、いくつかのエピソードのほぼ最後に出てくる話である。

アメリカ、フランス、ドイツの大スターがズラリと出てくる映画だった。コルティッツ将軍にゲルト・フレーベ、ノルドリンク役はオーソン・ウェルズだった。実話に基づいている。実際に、コルティッツ将軍とノルドリンクは、捕虜の交換をめぐって、何度も交渉を重ねている。多くの交渉のひとつが、本作で描かれた、パリ破壊をめぐっての交渉である。

将軍に総領事、お互いに譲らない。緊迫したやりとりが展開する。ああ言えばこう言う。なだめたり、すかしたり、おだてたり。気を引いたり、無視したり。見どころ、聞きどころたっぷりの、濃密な会話劇である。映画の原案になったのは、シリル・ジェリーの戯曲「DIPLOMATIE」で、「外交」を意味する。将軍と総領事は、手練手管を尽くし、思慮深い「策」を秘め、あらゆる可能性を予測し、臨機応変に対応する。

映画は、舞台と同じ俳優が演じる。ドイツ軍のコルティッツ将軍にニエル・アレストリュプ。スウェーデンの総領事にアンドレ・デュソリエ。どちらも、実績じゅうぶん、経験が豊富なフランス人俳優である。監督はドイツのフォルカー・シュレンドルフ。ギュンター・グラスの傑作「ブリキの太鼓」を、ほぼ完璧に映画化している。

2曲、すてきな音楽が聞ける。冒頭の音楽は、ベートーヴェンの交響曲第7番第2楽章のアレグレット。過去、多くの映画に使われている。ジャン・リュック・ゴダールが好きな音楽らしく、「ゴダールの映画史」、「ゴダールの新ドイツ零年」、最近では「さらば、愛の言葉よ」(イズムで紹介)でも使用している。

他では、ジャック・ドゥミの「ローラ」、アンドレイ・タルコフスキーの「ストーカー」、ギャスパー・ノエの「アレックス」、ターセムの「落下の王国」、トム・フーバーの「英国王のスピーチ」などなど、枚挙にいとまがない。映画の内容を象徴するかのように、シャンソンの名曲「二つの愛」が唄われる。「黒いヴィーナス」ことジョセフィン・ベーカーの名唱である。

息つくヒマのない、濃密なドラマである。まさに、これが本当の「外交」と思わせる。どの時代、どの国にも、優れた軍人、政治家、外交官がいるものである。日本政府の関係者各位は、揃って、じっくり、ご覧になることをおすすめする。もちろん、一般の映画好きにも。

あらすじ

ドイツのラジオ放送から、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの指揮したべートーヴェンの交響曲第7番の第2楽章アレグレットが流れている。ドイツ軍がワルシャワを破壊している実写フィルムが挿入される。

1944年8月25日、真夜中のパリ。ホテル、ル・ムーリスには、ドイツ軍のパリ防衛司令官、ディートリッヒ・フォン・コルティッツ将軍(ニエル・アレストリュプ)らが駐留している。路上からホテルを見上げている男がいる。連合軍が、防衛線を突破、パリに接近する。ヒトラーは、パリ壊滅を命令している。そこに、フランス人の建築技師、ランヴァン(ジャン=マルク・ルロ)が呼ばれてくる。パリの地図を広げ、仕掛けた爆弾が爆発すると、パリ全市はほぼ壊滅すると説明する。ホテルの部屋の灯りが消える。

闇のなかから、ひとりの男が現れる。かつて、ナポレオン3世が、ホテルに囲った愛人に会うための秘密の通路から現れたらしい。男の名は、パリで生まれ、パリで育った、スウェーデンの総領事のラウル・ノルドリンク(アンドレ・デュソリエ)だ。ノルドリンクは、「停戦の調停に来た」と言う。二人の白熱の舌戦が始まる。「ドイツ軍にパリを占領し続けるのは無理だ」、「パリ市民は無力だ」、「連合軍が迫っている」、「ドイツにも援軍が向かっている」…。とりあえずは、ジャブの応酬といったところである。

ノルドリンクは、フランス軍のルクレール将軍からの手紙を、コルティッツに手渡す。コルティッツは、封を切らず、破り捨てる。「ルクレール将軍は、名誉が保たれるような降伏を保証している」とノルドリンク。条件は、無抵抗の降伏、無傷でパリを明け渡すこと。コルティッツは、ノルドリンクの話を無視し、ノルドリンクを追い返そうとする。

そこに、パリ爆破の責任者、ヘッゲル中尉(トマシュ・アーノルド)から電話が入る。「爆破装置が、何者かの手で破壊された」と。「ヘッゲル中尉からかね?」とノルドリンク。なぜ、ヘッゲル中尉からと知っているのか、コルティッツは疑問を抱く。「帰すには早すぎるようだ」とコルティッツ。ノルドリンクは、スパイではないのか、とコルティッツは推測する。迫ろうとするコルティッツに、話題を変えようとするノルドリンク。さまざまな理由を抱える将軍と、パリを守る交渉を引き受けた総領事との対決は、ますます濃密な会話となっていく。歴史的事実として、ヒトラーのパリ破壊計画は阻止される。果たして、そこまでの「外交」の中味とは?

<作品情報>

「パリよ、永遠に」
配給:東京テアトル
©2014 Film Oblige – Gaumont – Blueprint Film – Arte France Cinema

公式サイト