小関裕太、“ゆるエロ”カレンダー発売!気になるクリスマスの予定は…?

小関裕太さんが、16日、HMV&BOOKS SHIBUYAにて開催された『小関裕太 2019年カレンダー』発売記念イベントに出席。おすすめカットやクリスマスの予定などを明かしました。

12月14日に公開した映画『春待つ僕ら』など、映画やドラマで2018年も大活躍した小関さんが、“ゆるエロい小関裕太”というテーマのもと2019年カレンダーを発売。当日は、ファンの方に向けてお渡し会が行われました。

今年発売した写真集『小関くん』で撮影を担当したカメラマン・梅佳代さんに、「つくり顔をしないでほしい」とオーダーされたことを回顧。そこで今回のカレンダーも「俗にいう“キメ顔”なしで、“色気と呼ばれるものを出したい”という意気込みで作りました」と語ります。

表・裏あるカレンダーの中でお気に入りのショットを披露。5月のカットがおすすめだそうで、つい寝てしまったところを撮影されたのだとか。小関さんは、プライベート感や良い意味で緊張感のないカットが満載とアピールします。

2018年について「たくさん夢が叶った年でした」と小関さん。“ハリーポッターシリーズ”の映画『ファンタスティック・ビースト』のキャストや原作者に出会えたことや、高橋優さんからギターをプレゼントされたことを振り返ります。

「叶うと思っていなかった夢が叶い続けて」と戸惑い「良いことがあってガーンって下がるのは普通だから」と戦々恐々としていたものの「そろそろ危ないと思ったら、また良いことがあっての繰り返しでした」と回顧。「来年落ちないように頑張りたい」とユーモアたっぷりに話してくれました。

2019年の目標については「体幹をつくる」と一言。スポーツ、歌、俳優業など、物理的にも精神的にも「幹のある俳優になる」とのことでした。

気になるクリスマスの予定ですが、お仕事があるのだとか。ただし、12月に入ると街がクリスマスムード一色になるため「毎日クリスマス気分です」と言い、「サンタさん来ないかなぁ」と願っていました。

彼女がいたらどんなクリスマスが理想かと問われると、「まるごとチキンを焼きたいなぁ~」と吐露します。

最近ではプライベートでも料理をすることが増えたため「女性に作ってあげるんじゃなくて、作ってもらうんじゃなくて、一緒に作りたい」と言い、「いつかチキンを一緒に焼ける人と出会えますように」と願望を語りました。