松坂桃李「ずっと裸だった」過酷な濡れ場撮影を振り返る

4月15日(日)映画『娼年』女性限定上映会が行われ、俳優の松坂桃李さんが登壇しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は女性限定の試写会に登壇ということで、「これはハードプレイ、たまげますね(笑)。マスコミの男性の方達がいてくれるのが、唯一の支えです」とコメント。またMCから、4月6日に公開をし、映画館では連日満席で大ヒットしていることを告げられると「ええ!本当に満席なんですか?コナンじゃなくて?リメンバ・ミーでもなくて?あぁ〜すごいですね(笑)!」と驚いた表情を見せていました。

さらにレビューサイトでも反響が大きく、「松坂さんほど、目で演技ができる人はいないと思う」というコメントもあったとのこと。それを受けて「いやいやいます!」と謙遜しつつも、「ちゃんとしたセリフというより、表情の中で見せられたらと思っていた。そこが肝だと思ってやっていました」と明かしてくれました。

ご自身でも「辛さのあまり体が絞られた」と振り返る撮影期間中については、「深夜の撮影は当たり前。濡れ場の撮影をそんなに長時間やるものじゃないですよ(笑)。ずっと裸だったので風邪を引くかと思いました。服を着させてくれ!みたいな感じになってきました」とその過酷さを語り、「濡れ場のシーンが多いので、だんだんスタッフさんも慣れていって、卑猥な言葉を恥ずかしげも無く発言していました。現場は卑猥な言葉ばかりでした!」と語り、笑いを誘いました。

最後に「2回見るのがある種正解の見方」としつつ、「1回目だと前情報がないので、戸惑うシーンもあると思うのですが、唯一言えるのは西岡徳馬さんのシーンは笑ってください!心を柔らかくできる瞬間なので、そこで一回ほぐしてもらって構わないです。我慢せずに大いに笑ってください」と見どころを語り、会場を後にしました。